一生の買い物「マンション」の正しい選び方


新築と中古どちらがお得なの?

マイホームは、一生に一度の一番高い買い物であることは言うまでもありません。戸建ではなくマンションを購入する場合も同じです。そのマンションを購入しようと決めたのは良いが、しなくてはならないことはたくさん出てきます。その一つが、「新築」か「中古」かで悩むところです。

新築も中古も、それぞれメリット、デメリット両方あります。新築だと完成したばかりのピカピカのマンションの初代の主になるわけですから、うれしいですが、新築は値段が割高なのは言うまでもありません。中古は、年数も経過しているうえに、誰が使用していたかわからない部屋をリフォームして、売りに出しているケースが多いです。しかし費用は新築よりもちろん安く済みますので住宅ローンを組む時も、新築に比べて、年数を長くとる必要もなくなります。

新築でも中古でも安全性を重視する

どの物件を選ぶ時でも大事なのは、そのマンションの建つ「立地」が重要になります。

その物件の街の治安についても事前にネット等でリサーチしておきます。もともと治安のよい街であって尚且つ、オートロック機能や防犯カメラが設置されていればベストです。

便利な立地と機能性のある物件を選ぶ

買い物をする時に便利な店や、学校、図書館などが近くにあるかどうかも重要になります。

さらに、自分の買うマンションの部屋にはどんな機能があるのか知っておくことも大事です。大き目の収納が付いていたり、ロフト部分がある部屋だと便利で何かと重宝します。

このようにマンションは新築、中古どちらであろうと、安全で便利な立地の部屋を選ぶべきです。

宇都宮のマンションの特徴として、東京都心の企業や官舎まで、新幹線で通勤をする人々に多く利用されています。