まずはコンセプトをイメージ!店舗内装を効果的に決めるコツとは


コンセプトの重要性とは

店舗の内装や配置を決める前に、まずはコンセプトをしっかり決めておくのがポイントです。コンセプトは、方向性を指し示すテーマのような役割を果たします。例えば、ポップで明るい未来をイメージした店舗や、古風で落ち着ける空間など、どんな雰囲気でどのように過ごせるのかを盛り込んだコンセプトがオススメですよ。このコンセプトを決めておくと、具体的なデザインを決める際にイメージしやすくなります。

機能性とデザイン性を両立する

続いて紹介するポイントは、機能性とデザインを両立させる重要性です。デザインの好き嫌いだけで決める方法も間違ってはいません。しかし、店舗としての機能性が損なわれるデザインは、あまりオススメできません。

例えば、森をイメージした店舗だからといって、むやみに植木を置いてしまい、人の動線が妨げられるのはNGです。デザイン性と機能性の高さがあってはじめて、魅力として伝わります。プロのデザイナーに依頼する場合は、自分の意見を押し通すのではなく、プロの意見もしっかり聞いてくださいね。

顧客ニーズを想像する

よくある失敗例が、顧客の視点にたって考えられていない店舗デザインです。例えば、本格的な家系ラーメンを売り出したいのに、まるでカフェのような店舗デザインはリスクが大きくなります。そもそもターゲットとする人物像が男女どちらにするのかで、方向性は変わりますよね。男性客を狙った店舗なのに、女性が好きそうなデザインにしてしまうのは矛盾点です。

以上のように、店舗のデザインを決める場合は、コンセプトに沿って決めましょう。

内装工事の費用は作業する部屋数の多さや資材の種類で変わります。特に抗菌加工やアレルギー源不使用など、特殊な加工を施された高級資材を使うと工事費用は割高になります。