業種によって違う!どんな内装を整えるべき?


店舗の内装はどんな方針で考えるべき?

店舗をデザインするときには何を最優先して考えるべきかで悩みがちです。利益を最大化できるようにデザインする必要があるのは確かですが、売り上げに影響しそうな要素を考えてみると多岐にわたっていて、全てを理想に近づけるのは困難だと気づくでしょう。内装をどのようにして整えるかについても、自分の好みだけで考えてしまうと顧客が集まらなくなりがちです。ターゲットを考えて、そのターゲットがお金をできるだけたくさん落としてくれるように内装を整えるのが基本方針として優れています。ただし、業種によってどのような印象をターゲットに持ってもらえるようにすべきかが異なるので気をつけましょう。その点を見誤ってしまうと後悔することになりかねません。

業種によって異なる方針

カフェ経営をするときにはターゲットが求めているのはリラックスできる空間ということが多いでしょう。そのためには内装は落ち着いていて過ごしやすいものにすることが大切です。あまり奇抜なデザインにはせず、シンプルなものにした方が良い場合が多いのが特徴です。一方、ファーストフードでは顧客一人あたりの単価は少なく、食べ終わったらすぐに出ていってもらって次の顧客を入れられるようにすることが重要になります。追加注文があれば良いですが、買わなくなってしまった時点で出ていってもらうに越したことはありません。内装はやや派手にしてBGMも大きめにし、宣伝広告をたくさん掲示しておいた方が利益につながりやすいと考えられるのです。

内装デザインとは、建物や乗り物の内側をデザインすることをいいます。デザインを専門に扱う業者や、デザイナーに依頼するなどの方法があります。