知らないと損をする!札幌の賃貸物件の選び方


札幌市の賃貸物件の相場や傾向は?

札幌市は、北海道全体の人口の3割以上が集中する都市です。中央区をはじめとする10区で構成され、自然と都市のバランスが良いことで人気があります。中でも人気があるのは中央区で、家賃の相場はワンルームで3.6万円、3LDKのファミリータイプで9.9万円です。東京や大阪などの大都市と比較をすると賃料が安い傾向にあります。また、札幌市より人口が少ない広島や福岡などよりも低いです。敷金や礼金もゼロという物件も多く、物件選びがしやすいエリアと言えます。北海道民の傾向として、新築や築浅の物件を好む傾向があります。そのため、マンション建設が次々と行われ、供給が過剰になった結果、賃料を落としてでも貸したいというのが本音のようです。

札幌で賃貸物件を選ぶ時のポイントとは?

札幌のマンションライフで気になるのが、冬場の暖房ではないでしょうか。市内の賃貸物件の暖房は、ガスか灯油です。ガスは都市ガスとプロパンガスの2種類があり、2~3倍プロパンガスの方が高いです。都市ガス使用の家賃が高い物件より、プロパンガスの家賃が安い物件の方がお金がかかるということも多いのです。インターネットで札幌の賃貸物件を選ぶ際、いろいろな条件で検索の仕方がありますが、設備の中でガス会社がきちんと明記されているかどうかしっかりチェックすることはとても重要なことになります。札幌市の主な移動手段は、車がない場合はJRか地下鉄です。ただ、冬場は雪が原因でJRはダイヤが乱れることがあるので、便利で住みやすいのは地下鉄沿線になります。

家電や家具付きで、保証人も要らずで、ワンルームや3LDKのお部屋を探しているなら、都心部にある札幌の賃貸マンションを中心に探しましょう。