別荘ではどんな過ごし方をすれば良いのか?


別荘で避暑をしましょう

一般的な別荘は、標高500~1千メートル強に位置する高原エリアに多くが建設されており、都心と比較すると5度以上気温が下がっています。都心が35度の猛暑日であっても、高原エリアは30度程度に留まっているので、真夏の避暑地として多くの人に選ばれています。真夏は、別荘を拠点にした近隣の散策・ドライブ・ゴルフ・トレッキングなどをして余暇を過ごす事が可能で、畑を借りておけば夏野菜も栽培出来ます。

冬の滞在もおすすめです

別荘がある高原地帯の冬は、最高気温が5度前後になる事も珍しくはないものの、有意義な過ごし方が幾つかあります。代表的な過ごし方は、別荘に長期滞在してウィンタースポーツを楽しむ事であり、スキー場の一部では1シーズンに何度でもリフトに乗る事が出来るシーズン券を発行していますので、有効活用しましょう。なお、別荘内でゆったりと過ごしたい方におすすめなのが、広い別荘内部をカバー出来る薪ストーブの購入ですが、薪は燃焼効率を上げるために長期間の乾燥が必要不可欠ですので、ストーブを設置する場合の事前準備は必要不可欠です。

どこで別荘を売っているのか

別荘の販売は、別荘地域の不動産事情に詳しい業者が行っており、内覧も柔軟に対応してもらえる事に加えて、電話やメールでも気軽に相談に乗ってもらえます。販売価格は、建物の大きさ・敷地面積によって異なるものの、中古物件の場合は1千万円以下で購入出来るケースもあるので、興味があれば問い合わせてみる事をおすすめします。

八ヶ岳の別荘に住むと、八ヶ岳の様々な山に登れるほか周囲にたくさんの山があるため、登山好きには絶好の立地といえます。