親子の同居に二世帯住宅という選択肢がある


親子といえどもプライバシーに配慮を

夫婦とその子ども夫婦が同居する方法として、二世帯住宅を建てるという選択肢があります。二世帯住宅はひとつの大家族が暮らす大きな家として設計することもできますし、2つの家を合体させたような構造で設計することも可能です。近年では、後者のタイプで設計する事例が増えています。その理由は、親世帯と子世帯のプライバシーに配慮するためです。親子といえども生活スタイルや価値観が異なる場合があるため、適度な距離をとったほうがよいという考えかたです。とはいえ、アパートのように世帯を壁で分断するのではなく、食事スペースなど一部を共有しています。予算によりますが、キッチンや風呂、玄関などを別々に用意するとそれぞれの世帯がスムーズに生活できるようです。食事をいっしょにとるようにすれば、親子の交流に問題はありません。

親世帯が暮らすスペースにはバリアフリー設備を

二世帯住宅を設計するとき、親世帯が暮らす部分にはバリアフリー設備を導入するとよいでしょう。設計段階で健康上の問題がないとしても、いろいろな形で老化の影響が出てくるかもしれません。2階建ての住居を検討する場合、親世帯には1階部分を広めに割り当てるのもひとつの選択肢です。これは階段の上り下りがつらいと感じる高齢者がいるためです。設計段階で持病がある場合、公道から自宅に入る距離が短くなるように設計しておくと病状が進行したとしても助かります。バリアフリー設備については住宅メーカーの担当者がよくわかっているので、じっくりと相談しましょう。親世帯が暮らしやすい環境を整えることは、子ども世帯の負担を減らすことにつながります。

二世帯住宅は、子育てや親の介護などに柔軟な対応でき、デザインや構造の自由度が高いといった特徴があります。