おしゃれで快適な家造りで見落しがちなポイントをご紹介


暮らし続けることを見過ごさないプランを

念願のマイホーム購入だからこそ、おしゃれで快適で長く住み続けられる、より理想的な我が家へのこだわりは、すべての施主にとって簡単には譲歩できない部分です。だからこそあれこれ考えればそれだけ、次々と新たなアイデアが浮かび続けて当然でしょう。間取りや内装はもちろんのこと、屋根や壁などの外装を含め、予算を視野に家族内で意見をまとめるのが大変だったりしますが、そんな作業もまた、注文住宅購入の楽しさです。ここで多くの方々が見落としがちなポイントとして、屋内の機能性の確保があげられます。後々になって後悔しないためにも、発注段階で思い描いたアイデアだけを「点」で捉えるのではなく、中長期的な日々の暮らしを視野に入れた「線」で捉える姿勢が大切です。

ポイントは室内の動線確保

戸建売り住宅ではなく注文住宅を選ぶ理由として、理想的な間取りへのこだわりがあげられます。家族のライフスタイルに最適な間取りのマイホームであれば、自ずと快適な毎日が約束されると考えがちですが、ここには大きな落とし穴が潜んでいます。なかでもあれこれアイデアを詰め込み過ぎた結果、家族が室内で移動するスペースである動線の確保が不十分で、融通が利かない家となってしまうリスクが見過ごせません。各部屋を細かく壁で仕切ってしまう、複雑な部屋の配置で、実際の面積に対してロススペースを増やしてしまう、食事や荷物を運ぶ際に不具合が避けられないなど、動線を無視した間取りのデメリットは小さくありません。あくまでシンプルで機能性を確保した室内空間だからこそ、長く飽きることのない「おしゃれ」が実感できるのです。

3000万の家と言っても建てる場所によって家の広さ、大きさが変わってきます。土地があれば3000万円全てを建物に使えますが、土地の購入から始めれば土地代、造成費などが掛かってきますので考慮が必要です。